トピック一覧

文学フリマ

5月21日 文フリで作ったZINEをオンライン販売してみた話

というわけで文フリの熱気(と当日の疲れ…)が抜けないまま、迎えた今日。困ったことに寝ても寝ても眠い。結構疲れてしまったのか、暑いので単にだるいのか。ぼうっとしてても仕方がないので、とりあえず仕事をなんとかやっていたら知人から「販売してるZINE、セットで売ってほしい!」とめちゃくちゃありがたいコメントをいただき、ソッコーでセット商品を作った。そうだよね、2つ買って送料2つ分かかるのもったいないもん…。 メルカリショップで売り始めたZINE ここから買えるので、ぜひ見てみてください。メルカリSho…

文学フリマ東京38に参加した日

文学フリマ東京38に行ってきました。 行くのも流石に3回目だから、緊張したりそわそわしたりはなくなったけど、やはり楽しみなものは楽しみなのだ。12時16分流通センター着の電車に乗って降りたら、今回から入場が有料のためか長蛇の列ができていた。自分より1時間ほど後に来ていた先輩に聞いたら、そんなに並んではなかったよ~と言っていたので、1番ピークの時間だったかもしれない。 お目当てのブースが第一展示場に集まっていたので、真っ直ぐ向かうとまあ混み合っている。前回より人増えたんじゃないかな?お目当ての本が…

2024-141 文フリの余韻

2024年5月20日、月曜日。雨から曇り。二十四節気で小満。 調子が戻ってきたかもしれない。調子ってなに? 今朝の朝ドラを流し見して、息子を学校まで送ったあと家に戻り、出勤時間まであさイチを見る。これが普段の流れなんだけど、今日のあさイチの特集が『人には言えないハナシ 性体験がないのは恥ずかしいこと?』で、性体験の有無の話からアセクシャルの話まで含まれており「あー、おもしろいなぁ(興味深い、のこと)」と視聴していると、私がジェンダー系の本を読みまくっていたことを知っている妻に「好きな話題でしょ?…

5月20日 文学フリマに初めて出店者として参加してきた

何を買ったかは話すと長くなるので今後書くとして…初めて出店者として参加して、無事に終えられてほっとした!!簡単に振り返る。着いてすぐにやった、ブースの設営。もちろん初めてなので、ブースを見たときにZINEが見やすいかとか、手にとってもらいやすい配置はどんなだろうとか考えていたら時間がすぐに経ってしまった。設営にもノウハウが必要なんだな…と実感。4冊並べたら結構ぱんぱんになった。もっと配置の設計を精密にやってもいいかも。テーブルクロスは買ってよかった!目立つし、色々貼れる。最初の1時間ほとんど売れ…

出展する熱意と熱量と(5月エッセイ①)

以前も同じような事を書いたけれども、やっぱり所謂即売会に出展すると沸々と創作意欲が湧いてくる。 今回は4月月末のマニアフェスタ(ニコニコ超会議内)と5月の文学フリマ東京に出展してきた。 どちらも「銭湯」に関するブースとして出してきた。 マニアフェスタと文学フリマはとても客層が異なっており、両方のイベントに出展したからこそのわかるものがあったり得られるものがあった。 特に文学フリマの方では初めて個人のエッセイを印刷して持っていった。 結論から言えば「沢山売れたわけじゃないけど、ほんのちょっと売れた…

文学フリマありがとうございました。新刊の通販とテキスト販売のお知らせ

昨日の文学フリマ東京に来てくださった方、ありがとうございました。 新刊「措置入院体験記」目標の数まで売れたので満足です。 「頑張ってください」と話しかけてくださる方がいたり、読者と直接お話しできる機会があるのは、書き手として、とてもありがたいです。 文学フリマには長年参加していて(20年くらい)秋葉原でやっていた時や、大田区産業プラザの頃は、お客さんの数も緩やかで、落ち着いて販売できたのですが、最近、お客さんも参加者も増えてきたせいか、売り子をしていると、疲れが酷く、この先も出店できるか不安です…

文学フリマ東京38で短歌の本を購入した #文学フリマで買った本

文学フリマ東京38に行ってきた bunfree.net 当日券を現地で買って入ろうと思った所、結構な人が並んでいて「えー」と思っていた所、「当日券はこちら。eプラスでも買えます」みたいな記述があったので、イープラスで購入→スマホの画面を見せて入場とサクッと入れた。スマチケ・デジタルチケット最高。 そもそも文学フリマの公式サイトでもスマチケ(デジタルチケット)が推奨になっていた。意外と皆並んで買っていた。並ぶ時間がもったいないと思うのでぜひ皆さんイープラスを使っていきましょう! 引用元:文学フリマ…

シャフト批評合同誌『もにも~ど2』発刊のお知らせ【文学フリマ東京38】

2024年5月19日(日)に開催される文学フリマ東京38にて、シャフト批評合同誌『もにも~ど2』を発刊いたします。2024年シャフトアニメ批評の決定版になっています。皆さま是非ともよろしくお願いします! シャフト批評合同誌『もにも~ど2』ページ数:388頒布場所:文学フリマ東京38 ブース:J-34会場価格:2,000円 ★イラスト伸代アル @Pofb1cxAl64P6Pa砂月納豆 @satsuki_natto中原菊子 @Moonstar_Energy銀さん @G10sensei古義人 @cog…

文学フリマ東京38(5/19)の準備がやっと終わった…

いよいよ明日は文学フリマ東京38なわけですが。私は2022年に初めて出店して、今回が2回目。久しぶりにちゃんとしたzineというか冊子をつくりました。(あ、先に宣伝しておくと、ブースはW-39、出店名は「インコンビニエンス・ブック・ストア」です) 一つ目が、「たいちょうがわるい。」というエッセイ。 実はこれ、2018年にこのブログで書いた記事が元になって生まれたもの。 mih0o0o0.hatenablog.com ちょうどこの頃からメンタル不調に悩まされるようになって、というか、まずは頭痛や息…

デザイナーさんにお願いして同人誌/ZINEを作った

文学フリマ東京38に出ますよ 来る2024/05/19の文学フリマ東京39に新刊でエッセイ本を出します。詳しくは(告知:文学フリマ東京38に出ます。 - ずっとVacation)。 今回の記事は、その本を作るコンセプトから紐解いて、制作の一部をデザイナーさんにお願いして感じたメリット・デメリットについてまとめています。 これからZINEや同人誌を作る人の参考になれば幸いです。 今回のコンセプトは「できない部分はデザイナーさんにお願いしてみる」 以前出したZINEは、初めての本作りということでそれ…

#文学フリマ東京38 出展と、新刊『蜜蜂よ、夜々を遊行せよ』について

5/19(日)、文学フリマ東京38にて新刊『蜜蜂よ、夜々を遊行せよ』を発刊いたします。 文学フリマ東京38 第二展示場1階 Eホール え-69鹿紙路 WEBカタログ おしながき 通販↓ mshikagami.base.shop Kindle 本体表紙 帯 仕様: B6、192頁(約14万字)、並製、変形帯(UVマットニス)付き、新バフン紙表紙フルカラー+金1色 価格: イベント頒布価格2,200円、通販2,300円、Kindle1,250円 いつものようにパワポで作ったポスター 聴け、物語りの不…

文学フリマ出展のお知らせ

2024年5月19日(日)に開催される文学フリマ東京38に出店します。 ブースは第一展示場 K-5~6「低志会&週末批評」です。 新刊 低志会の会報第3号『自転車のサドルを殴る代わりに低志会の本を埋めて枝を挿す、つまりそれが祈り vol. 3(仮)』(本文36頁・600円くらい)を頒布します。第1号の「河原で拾った石」、第2号の「ファンシーキャラクター」に続き、今号では「むさしの」特集と題して、現代の武蔵野について会員4名がエッセイを寄稿しました。内容とまったく関係のないとても素敵な表紙はオガワ…

5/19(日)文学フリマ参加&新刊情報

日曜日の文学フリマ東京38に参加します。 新刊 『近ごろは悪夢ばかりみる』 B6/184P 会場価格1000円2023年10月~24年3月の日記を本にまとめました。 書き下ろしは「オフチョベットしたテフをマブガッドしてリットにする」でおなじみのインジェラ実食レポです。カラーページもあります。楽しい本です。 カラーページもあります!!今回はInDesignで組んでみました。 頒布物一覧 ※罪悪感の日曜日(赤い本)の在庫僅少です。お求めの場合はお早めに。 通販 BOOTH→通常配送https://b…

【文学フリマ東京38】ゲンロン・シラス系出展者一覧

文学フリマ東京38 ゲンロン・シラス関係のブース一覧(敬称略)です。 シラステナント配信者、スクール受講生、シラシーほか。 人力で調べているため抜けも多いかと。 他にご存じのブースがあればぜひコメントしてください~! 【5月16日午前9時時点で教えてもらったブースを追記】 <凡例>ペンネーム:ブース名文フリURL なかいしんご:なかい料紙店 なかい料紙店 [文学フリマ東京38・詩歌|俳句・短歌・川柳] - 文学フリマWebカタログ+エントリー 菅浩江・揚羽はな・甘木零・花草セレ・中野伶理ほか:T…

2024/05/14(火)

このところ長く眠ることができない。早朝に目が覚め、このまま起きていられるか? と思いつつ過ごすも、やっぱり眠ってしまう。然し今日は好調で、出勤できた。ただ、眠かったが。 View this post on Instagram A post shared by 近江マイコ (@oumi_maico) クロタネソウ、らしい。きれいな青色だな、と目を惹かれた。普段なら通らない道のうえに見ない角度の位置にあった。 今週末(!)の文学フリマ東京で配るチラシを印刷した。簡素なものである。だが、そこに載せた詩…

日記本をつくりました。

『光るとき』 著:南端 十八、十九、二十歳のなんでもなかったり、何かあったりする日々の記録。それと少しのエッセイ。 「南端」と名乗り始めてからの日記をまとめて、1冊にしました。 公開していたもの、そうではないものを全て書きました。前回の文学フリマで販売した嘘の日記を書いているZINEと同時に作っており、同じ場で並べることが目標でしたが無理だと気づき、次に回しました。その結果、約2年ほどのものになりました。 なんでもなかったり、何かあったりする日々 なんでもなかったり、何かあったりする日々。一見す…

文学フリマ東京38に出店します

来週日曜日に開催される文学フリマ東京38に、相棒あとり氏(id:aatorii)との合同サークル「初っ端から熱く生きろ」(通称しょぱあつ)で出店します! 諸々情報が出揃いましたのでまとめます。 更新あれば適宜更新予定です。 (最終更新日:2024/5/11) イベント概要 お品書き あそ個人誌 新刊①『好きの理由は星の数ほど』 新刊②『日々、あれやそれ。』 あとり個人誌 新刊『まったりFoggy days』 ステッカー『苦しくなるまで食べない!』 合同誌 新刊「語るぜ!初っ端から熱く生きろ vo…

「文学フリマ東京38」5月19日(日)に参加します!

とある夏のある日……。 これまたとあるマンガスクールのアフターにていただいた「本とか作ればいいじゃないっすか」という一言をきっかけにして作った本!! それが、 批評雑誌『ワタツミ』 です。 「文学フリマ東京38」5月19日(日)にて2000円で販売予定。 ブース番号は評論・研究|文化研究エリアの【I-10】です! c.bunfree.net 創刊号では「総特集アメリカ:Born in the USA (As a Child)」として、アメリカのアレコレを取り扱います。 何でアメリカかって? アメ…

新刊「措置入院体験記」前書き公開します

5月19日の文学フリマ東京で販売する「措置入院体験記」の前書きを公開します。 ************************************ 二〇一六年七月。戦後最大の大量殺人事件が起きた。十九名刺殺、二十六人が負傷。犯人の男は「障害者は必要ない」とのたまい、相模原市にある障害者施設に乗り込み入居者を切りつけた。 テレビでは、連日この事件のニュースが流れた。そして、加害者の男性が措置入院を経験していたことが公開された。 ほら、来た。 私は息を飲んだ。 この国では、凶悪な事件の犯人を精神…

【お知らせ】20240519文学フリマ38に出展します

2024年5月19日、東京流通センターにて行われます文学フリマ38に出展いたします。 bunfree.net 出展情報は下記のとおりです。 出展情報 出展スペースについて 出展名:minaddict://スペース配置: R-14新刊:有(無料配布の電子書籍オンリー)頒布方法:QRコードと楽しみ方を記したポストカードの配布 新刊 新刊は下記の通りです。 「創作のために私は健康を選んだ」 44P|A5|FC|take free(完全無料配布)|電子書籍のみ| 創作をするために健康を選び、日々を楽しめ…

【お知らせ】 文学フリマに参加します

毎度宣伝のときばかり記事を書いていますが、宣伝です。 bunfree.net 文学フリマに参加します。 日時: 2024/5/119(日) 12:00~17:00 場所: 東京モノレール龍柱センター駅すぐ 東京流通センター第一/第二展示場 入場料: 1,000円(18歳以下は無料) ブース番号は「X-10」です。10(X)の10ですね。 出品作品①「父を送る《改》」 父を送る《改》表紙画像 少々クセの強い父親との縁を切ろう、と一度は覚悟を決めた娘が最期まで引き受けることになったキッカケとは── …

文学フリマ東京38

文学フリマ東京38に出店します。 5月19日(日)12:00~17:00 東京流通センター 第二展示場Fホール そ-49 ロビンソン・ファクトリー 主催者HP https://bunfree.net/event/tokyo38/ 入場料1,000円 残念なことに今回から入場料が必要になりました。 わずか1,000円、いいえ1,000円は大きい。 バイトなら1時間分です。 売る本の価格に悩みます。 できることなら安くしたい。 でもコストがかかっているので、それなりの価格をつけたい。 本音を言えば、…

半年ぶりの登場なので、最近のことをお伝えさせてください。(近況報告)

ああもうびっくりするくらいブログを放置。最後に書いたのが141日前だから約半年。どうしてこんなに放っておけるの?驚くよ。このままだと1年に2回更新のブログになるかもね。それもそれでうるさくなくていいかもしれない? 最近といえば、何かあったかなあ。またタイに行き、バンコク、チェンライ、チェンマイとめぐり、初めて行ったチェンライにノックアウト。なんて何もなくてなんでもある街なんだ。なぜチェンライに行ったかというと、「タイランド・ビエンナーレ チェンライ 2023」というものが開催されていたから。この…

活動報告(2024年4月)

皆様こんにちは。こんばんは。おはようございます。桜がやっと咲きましたね🌸 私もお花見を何度か楽しむことができましたよ。 隅田川沿いの桜 さてさて、今回の活動報告と予告一覧です。 活動報告 桜花爛漫ブランケット完成披露 寄付しました 活動予告 常設ヤーンボミング 第4回財庫糸放出会 文学フリマ東京38 現在の活動状況 手芸版トキワ荘 手芸作家さんサポートサービス 活動報告 桜花爛漫ブランケット完成披露 桜花爛漫ブランケット with 満開の桜 「桜花爛漫ブランケット」は昨夏に参加していたTwitt…

夏迫杏『紫陽花の街』

ちょこっと文芸さんで買った本だったかな。 Kindleの電子書籍もあったので、そちらも購入しました。 紫陽花の街: The Canned Tuna 2 1/2 : No Music My Life (Hz7235)作者:夏迫 杏Amazon 只々私観なのですが、夏迫杏さんの掌編は「ねえ、だって私たちこういう風にやっていかなきゃ、私たちが持つ幸せを、持っている為には。せやんね」(最後だけ京都弁) と、云ってくれるようなくれる気がして、それが好きだ。 『だって幸福とは一番素晴らしいものでしょう』 私…

活動報告と予告

春めいた日も訪れるようになった今日この頃。皆様お元気ですか? しばらくどたばたしており更新が途絶えてしまいましたが、ほりいは何とかやっております。 活動報告 あみもの☆かんたんシュシュ 神保町PASSAGE SOLIDA ZINEフェスティバル松戸 活動予告 第3回財庫糸放出会 文学フリマ東京38 手芸版トキワ荘 手芸作家さんサポートサービス 活動報告 あみもの☆かんたんシュシュ 2月24日(土)柏の葉T-SITEにて開催された親子チャレンジ推奨のワークショップ。 主催はみちよつさん。ほりいはア…

【読書記録】らじおがたりもっと

文学フリマ東京でお迎えしました 文学フリマ東京でお迎えした作品。 以前に読んだ『らじおがたり』の続編。小気味良い文体で、さまざまなジャンルの掌編が紡ぎ出される本シリーズは、まさに贅沢の極みと呼べる一冊じゃないかしら? ※書影は私が独自に撮影したものです。作者様や発売元様よりご要請ありましたら、画像の削除又は差し替えることがあります。 【読み始め】2024年1月17日【読み終わり】2024年1月21日 2024年1月17日 2024年1月21日【読了】 2024年1月17日 甘酸っぱい雰囲気を醸す…

週報 2024-01-13/2024-01-19 ようこそガジュマル、文フリに行ってきた、ようこそ口内炎

01-13(土)ようこそガジュマル 今週のフリーレンを見た。ずぶぬれフリーレンかわいい。 🌲🌲🌲 ていねいなくらしをしている動画を YouTube で見ていたら、みんな観葉植物を育てていることに気づいた。前にサボテンを種から育てようとして失敗したことを思い出し、リベンジすることにした。軽く下調べをしてお店に行った。いろんな観葉植物があったんだけど、ガジュマルを見てピンと来たのでお迎えした。根っこが足みたいでかわいい。 ようこそ お店の人に聞いたりインターネットを徘徊して育て方を調べた。たとえば、…

300ページ超えの少部数印刷の価格メモ

お題「「やりがい」を感じる瞬間」 300ページ超えの少部数印刷でも利益を出せるのが、amazonのセルフ出版 「埼玉福祉会」という、大活字本を出版をしている団体があります。 大活字本は、弱視の方や高齢者に配慮した、文字の大きな書籍です。 文字が大きい分、ページ数が増える 一般書籍よりも、少部数の印刷になる が特徴。 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の場合 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫) 作者:東野 圭吾 KADOKAWA Amazon ↑は文庫版ですが、 大活字本はこちらの通り↓ 判型:A5 ページ数:…

人見知り

早生まれなので 誰かとの年齢差の計算が よく分からない 彼とは 誕生日が二日の差なので 分かりやすい 二人合わせてちょっと異常かと思う 数字の並び (運命と言って) 又吉さんとは 一学年下なんだなあ YOU見てたら イベント来場する前に 何買うか決めといた方がいいんだな、と 文学フリマに去年行ったんだけど 緊張して見回れなかった…… ひたすら立ち読みブースで立ち読みしていた 事前にファンになっとかないとダメだ

2023年の実績と2024年の目標 → 自分の本の出版

2023年の実績と2024年の目標 ここは本作りブログなので、本づくりについて。 2023年の実績 一般向け販売は、4冊の出版となりました。 2024年の目標 4冊か5冊……といきたいところです。 すでに原稿があって、ずっと書籍化の滞っている本が1冊。 全面作り直しの企画が1冊。 企画自体が新規のもので、3冊。 会得したあの技術は、意外にも一生モノ? 今週のお題「一生モノ」 私は中学生の頃から印刷本を作っていたのですが、その時の雑多な知識が「基本のキ」というくらいに、これほどまでに役に立つとは思…

【告知】サークル「少恒星」文学フリマ京都8参加のお知らせ

昨年末の冬コミに続き、来週1/14(日)に開催される「文学フリマ京都8」に出店します。改めて新刊の内容を載せておきます。 【新刊】映画『かがみの孤城』公開一周年記念同人誌「かがみのキセキ」A5判モノクロ・72頁【販売価格】600円 (※お支払いは現金のみです。高額紙幣でのお支払いはなるべくお控えください)【主な内容】・『かがみの孤城』が劇場アニメになるまで 原作小説発表から劇場アニメ化に至るまでのいきさつを振り返る ・イベントレポート 舞台挨拶・ティーチイン・トークイベントなどのレポートを公開 …

文学フリマ京都8に出店します!👘

文学フリマ大阪11に引き続き、1月14日(日)に開催される文学フリマ京都8に出店します! 以下はその告知です。 概要 出店情報 出展物 新刊 既刊 概要 イベント名:文学フリマ京都8 開催日時:1月14日(日)11:00~16:00 場所:地下鉄東山駅徒歩8分 京都市勧業館みやこめっせ1F第二展示場 入場料:無料 bunfree.net 出店情報 サークル名:心斎橋Univ. ブース番号:く-12 ど真ん中のいっこ左 出展物 新刊 終電の小説 終電の小説/500円 サイズ:A5版54P 価格:5…

【読書記録】忌蹟

文学フリマ福岡9にてお迎えいたしました 文学フリマ福岡でお迎えした作品。 古の……遠い宇宙の……名状しがたい……そんな「大好きな不穏!」がもんもんと溢れ出ていたので、そりゃ手に取ります(*´ω`*) ※書影は私が独自に撮影したものです。作者様や発売元様よりご要請ありましたら、画像の削除又は差し替えることがあります。 【読み始め】2023年12月27日【読み終わり】2024年1月5日 2023年12月27日 2024年1月2日 2024年1月5日【読了】 2023年12月27日 いつの間にかそこに…

【閑話】480編のマイルストーン

みなさん、こんばんは。くにんです。 あっという間に、もう年の瀬ですね。今年の後半は特に月日が経つのが早く感じました。残暑が長く続いたのと年内の早いうちに寒波が来たのとが合わさって、秋を感じられる時間が短かったからでしょうか。 空気が乾燥しているからか、ウチのニャンコ「タヌ」くんが、静電気バチバチになって困っております。 タイプ:悪・静電気 さて、今回は約480編のマイルストーンです。いつもの通り、肩の力を抜いた閑話です。(#^.^#) まずは、御礼を。 いつも長編物語「月の砂漠のかぐや姫」や短編…

2023

文学フリマに出たことで、文章を書くということに向き合った一年だった。文学フリマに出ようと思ったのは2023年5月の文学フリマに行ったからだった。 その時は一般参加で、一方的に知っている人々の本や自分の文章が載っているらしい無料配布の本を目当てに行ったのだけど、 あまりの熱にあてられて自分もやりたいと勢いで申し込んだのだった。それが5月末。 申し込んだからには本を作らないといけないし、どうせ作るなら文庫本を作りたい、と思ってからが長かった。 文庫本を作るということは文字を書くということで、印刷所の…

郡司和斗・工藤吹・篠原治哉『新しい球技』

横長本。 面白い歌や素敵な歌が多く、レイアウトもデザインもかなり洗練されていて、贅沢な本だと感じた。 特に印象に残った歌を、それぞれの作者から3首ずつ以下に引用。 郡司和斗「オリエンテーション」 同じ花火の写真を撮って私たち見返すことはない隅田川 まるで人生が一回しかないかのようにあなたは窓硝子を拭いていた 花束を受け取る人はいないけど花束係になれてうれしい 工藤吹「近況報告(RESIDENT/軽々)」 窓越しに別の車窓も越してみる東京の中学校や小学校 筆跡のなべて曲線 ここまでの遠出はひどく遠…

文学フリマ東京37

遅ればせながら、文学フリマ37のこと。 正直、11月は体調の諸事情でもうどのくらい自分が動けるのかわからない状況になっていまして、文学フリマが開催されることはTLで見ていたのだけど実際行けるかどうかはもう当日にならないとわからないなー、というくらいの感じでした。 とはいえ、前週には散歩がてらと言いながら、弦巻秋祭りにお邪魔して会いたい人に会いに行ったりしていたので、意外といけるかも?という感じもあったのだけど。 ここのところは、もう暫くあちこち動くのも厳しくなりそうなので行けるところには行ってこ…

文学フリマのドタバタ備忘録

11/11(土)に文学フリマ東京37に参加しました! 今回出店を申し込んだのが8月末で、9月に入ってから制作を始めたので作品ができあがるのがギリギリすぎて反省! 当日はお友達のすしずさんと合同サークルで、スペースを半々に分けて各自作品を用意。私は推し活のため6月に一人で渡韓したときのエピソードを文章&イラストでまとめたぼっち渡韓本と、好きな音楽について書いたペーパー、あと過去につくったイラスト本やシールを持って行きました。 ペーパーにはLUNA SEAに対する想いや最近聴いている音楽(SOFT …

〔絵日記〕11/10~11/16

☆ 文学フリマ東京37で販売したものは、すべて通販ページでも買うことができます。 mizogumi.thebase.in 今、アプリから購入すると10%オフで買えるみたいです。もしよろしければ! \本日スタート!/ Pay IDアプリ限定 BLACK FRIDAY期間中、何ショップでも使える!10%OFF(最大1,000円)クーポン配布中🎫お支払い方法で「あと払い(Pay ID)」を選ぶと20%OFF(最大1,000円)に!詳細は👇https://t.co/BSTtgaeGHZ — Pay ID…

【お知らせ】 文学フリマで販売した本を通販しています

去る11月11日(土)に開催された文学フリマ東京37で、「父を送る」を本にして販売したが、大変ありがたいことに会場から三時間ちょっとで見本を含めてすべてご購入いただき、売り切れとあいなった。 その後も売り切れですかと尋ねられたり、ポスターに貼られた「売り切れ」の文字を見つめる方がいらっしゃったりしました。本当にありがたい話です。 わずかな部数ですが、追加印刷したものが今日納品されました。もしよかったら通販していますのでご購入下さい。12月上旬から再開する続きの先読みと、書き下ろしの後日談が入って…

「はてなブログの文学フリマ本」に掲載されました

20日以上、お休み(作成中)の連続投稿になってしまいました。リハビリ投稿です。 本日、はてなブログさんから、「はてなブログの文学フリマ本」のPDFが送られてきました。実際は、添付ファイルではなく、Google Driveでの共有。 11月7日にも、「掲載されますよ」メールが届いていたのですが、見落としておりました。 「はてなブログの文学フリマ本」とは、2023年11月11日(土)に開催された「文学フリマ東京37」で配布された、はてなブログの冊子で、「わたしがブログを書く理由」をお題とした記事が集…

11月12日

3時サービスエリアで目が覚める。深夜の高速道路、サービスエリアの空気が好き。迷宮みたいなトイレと喫煙所、2.5倍価の売店によってバスに戻る。濡れマスクをつけなおし既セクからのLINEを既読無視して目を閉じる。 7時過ぎに大阪駅到着。バスの中で確定したセクアポに向かう。 事後インスタを交換。多くの疑問が残る人だったけどどうでもいいか、など思う。早く家に帰りたい。13時に帰宅。荷ほどき、シャワーを浴びて身支度を整える。 文フリで買った本を広げる。途中さんの本やっぱり買いたかったな‥「早い者勝ち」「鉄…

<宣伝>【文学フリマ東京 38】遊びに来てね♪

イベント日程/期間限定キャンペーン/通販 ※2023年11月の 【文学フリマ東京 37】の お品書き。 サークル参加5周年を迎えた2023年の【文学フリマ東京 36】、【文学フリマ福岡 9】【文学フリマ東京 37】無事に閉場しました。 さて。 2023年はサークル参加5周年yearなので、特に張りきって【文学フリマ】に出店しました✨ 東京も福岡も過去最高来訪者数、頒布数を更新するという快挙で締めくくりましたm(_ _)m 思い返せば、2005年に【講談社 X文庫新人賞】を受賞したことを契機に同人…

<通販>愛奈 穂佳(あいだ ほのか)作品♪

イベント日程/期間限定キャンペーン/通販 【作品一覧】 再販 ・愛奈穂佳の幽雅な日常 ↑タイトルをクリックすると、立ち読みページに行けます。 小説/文庫サイズ/200ページ/1,000円(イベント価格) /1,300円(通販価格) ・異 ↑タイトルをクリックすると、立ち読みページに行けます。 小説/文庫サイズ/204ページ/1,000円(イベント価格)/1,300円(通販価格) ・南の島鎮魂歌(レクイエム) ↑タイトルをクリックすると、立ち読みページに行けます。 小説/文庫サイズ/352ページ/…

文学フリマ東京37と『埋物の庭 vol.5』

皆さんこんにちは。いそのです。 文学フリマ東京37で『埋物の庭 vol.5』を出しました。 Kindle版のリンクはこちらです。 埋物の庭 vol.5 いまここにいること 作者:はにわ会 Amazon 文フリ当日、ブースでダ・ヴィンチWebの方から声をかけられ取材を受けました。 自分のコメントがブログ以外の媒体に載るのはなんだかおもしろいです。 ddnavi.com 文フリはとくに東京文フリが顕著ですが、回を重ねるごとに出店者も来場者も増えているのを感じます。 ネットが発達したこの時代に大変な手…

文学フリマ東京37が終わって

無事に終了しました。 お越しいただいた方、お買い上げいただいた方、ありがとうございました。 開場時間前から多くの人が入口前に並んでいて、これは大変なことになると心配しましたが、開場して何分経っても、何時間経っても、ぼくのブースの前は人通りがまばらでした。 それでも、もしかしたらという希望を持っていたので、なかなかブースを離れてほかの人のところを見に行くことができませんでした。 終了時間が近くなり、勇気を振り絞って10分ほどほかの人たちの作品を見て回りました。 戻ってくると「買いたいという人がいら…

初めての日記本の編集に四苦八苦しつつ、文学フリマに出店してみた総括と雑感

文フリに出た動機:何でもいいから本にしてみたかったし、文学フリマに出店してみたかった 文フリに出た動機ですが、単刀直入にいうと、本を作って売ることにあこがれを抱いていたから、です。 文フリの存在は学生時代から知っていたのですが、当時は哲学評論系の批評誌を売るところ、というイメージが強かったので、なかなか現地に行って参加するということは気後れしてしまい、遠巻きに見ているだけでした。 友人たちがサークル出店して、本を売っているのをみて、「いずれは、わたしも......」という気持ちは抱いていたんです…